ポケットが虹でいっぱい

JIA(若年性特発性関節炎)の娘を持つ母のブログです。

レミケード4回目

お久しぶりです、ははつぶです。

息子の幼稚園も新学期が始まりバタバタしていて更新が出来ませんでした。こつぶは相変わらず元気です。断乳してからよく食べるようになった気がします。息子の同じ時期よりムチムチしているような…単なる個人差かもしれませんが。

脚もムチムチしているのでわかりにくいのですが、腫れは概ね引いたような気はしています。見た目は左右差がなくなってきたかな…?でも完全に引いたわけでは無い感じ。先生によると少し膝がブヨブヨしているとのことですが、本人は今のところ痛みを訴えることなく、元気に走り回っています。

さて、2ヶ月に1度となったレミケードの4回目を受けてきました。

f:id:kotsubu_3:20160121152959p:plain

新しい先生からの提案

 最初の担当医であった先生が異動されて今回から新しい先生になったのですが、リウマチの専門医ではないということがわかりました。とても丁寧に診察して下さるし、優しくて人柄も良い先生なのですが、先生から今後の治療について説明を受けた時に、こんな話が出ました。

前の担当医の先生の病院でも小児のレミケード治療の環境が整ったので、転院することも可能です。この地域で小児のリウマチ専門医は異動した先生だけです。転院しない場合も、治療を進めていく上で専門医の先生に定期的に診てもらって方針を決めたいので、この先受診をしてもらうことになるでしょうと。

主人と相談してみますということで、今回は持ち帰りました。今の病院にも慣れてきたし、スタッフの皆さんもとても感じがいいので今のままでもいいのですが、もうひとつの病院にも定期的に受診しなければならないとなると、いっそ転院した方が無駄が無くていいような気がしてきました。主人とも相談し、距離的にもほぼ同じくらいなので転院したいという意向を次回伝えようと思っています。

ひとつ気になるのはその病院に眼科がないことだなぁ…。眼科の先生からは1年に1回の診察でよいと言われているので、転院してから相談してみます。

人見知りしつつも順調に終了

今回は採血とルート確保で全く泣かなかったこつぶさん。処置室では先生も看護師さんもびっくりというか感動するほどおとなしくしていました。

病室でベッドに放たれると動き回るしおしゃべりするし、昼食そっちのけでおやつを要求してくるし、まぁやんちゃに過ごしていました。同室が男の子2人で、その子たちも賑やかだったのでよかった…。

ほぼいつもの時間に終了し、今回は窓口負担を支払って帰りました。後日役所に乳幼児医療の払い戻しの手続きに行ったのですが、マイナンバーが必要なんですね!すっかり忘れていて2度行きました…(笑

 

広告を非表示にする