ポケットが虹でいっぱい

JIA(若年性特発性関節炎)の娘を持つ母のブログです。

こつぶさん、断乳しました

よし、断乳しようと決断してから数日、意外にもスムーズに断乳できました。娘もよく頑張りました。

f:id:kotsubu_3:20160121160020p:plain

なぜ断乳することにしたかというと…

少し前から私のリウマチが再燃の兆しが出てきました。ぼんやりと2歳までには断乳したいなぁと思っていたので夜間の授乳を減らしていたのですが、その影響でホルモンバランスが変わってきたのか、手指の関節でいくつか腫れが出たり痛みも少し出たりし始めました。息子の時もそうでしたが、妊娠・出産・授乳期は本当に症状が出なくて薬も飲まなくていいので、自分に持病があることを忘れてしまうくらいでした。なので目に見えて症状が出てくるとやっぱりショック。あー持病があったんだと気付かされます。

子連れで自分の受診って待ち時間もあるし、なかなか厳しいんですよね。わが家は私の実家も夫の実家も近くではないので、預け先が無く一緒に連れて行かねばなりません。とはいえ放置していても痛いだけなので、娘と一緒に以前通っていた病院を受診してきました。

 

膠原病内科は大学病院の先生が週1回見えているのですが、前の担当医の先生は留学されたそうで別の先生になっていました。診察をしてもらって、まだ授乳中で…と言うと、「そうなると飲めるお薬が無いので断乳してもらわないとね…」ということに。わかっていたけど、そうですよね〜

痛む時の気休めにカロナールを出してもらい、2週間後までに断乳を頑張りましょうということで予約を取り、今後の治療のために血液検査と胸のレントゲンを撮って帰りました。ということで、私側の理由により断乳決定ー。

 

途中経過

受診した時点で寝かしつけの添い乳をやめ、夜中泣いた時も極力授乳せずに過ごしていました。背中トントンでどうしても泣きやまない時は飲ませる程度。

昼間はお昼ご飯の直後に眠くなると欲しがってギャンギャン泣くので、仕方なくあげていました。なので1日トータルで右と左の1回ずつくらい。もう量も飲んでいないので、授乳を減らしても張ったりしこりが出来たりもしませんでした。これなら乳腺のトラブルも無くフェードアウトできるかもという感じ。

 

そして受診後、まず夜中を完全に断乳しようと思い実行しました。夜間断乳2日目に謎の夜泣きが何度もあって、背中トントンや抱っこで対応しましたが、3日目は朝まで寝てくれました。あとは昼間の1回。ギャン泣きじゃない時は、別のことへ気をそらして(大好きなトトロやジョージを観せて)私から離れてもらうとそのうち忘れてしまうのですが、不機嫌でギャン泣きしていると離れてくれなくて結局乳に頼ってしまいそうになるんですよねぇ。ここがちょっと苦しかったです。

 

意外にあっさり完了

夜間断乳が成功したので昼間の授乳もやめることに。欲しがったら気をそらしたり、抱っこしてなだめたりして対応していました。他のことに気持ちが行くのが一番効果ありました。まだちょっと欲しそうに寄ってくることもありますが、なんとか大丈夫です。胸もほとんど張ることもなくしぼんでいきそうです…

2日間断乳出来たのでこれはもう大丈夫だな!ということで再び受診してきました。前回の血液検査も異常無く、メトレートを処方してもらいました。前はリウマトレックスを飲んでいたのですが、今回はメトレートでした。カプセルがあまり好きではないのでむしろ良かったかも。

リウマチの治療が出来るのもありがたいのですが、頭痛持ちなので頭痛薬が限定されずに飲めるようになったのも嬉しい!もう少し時間に余裕ができたら頭痛外来の受診もしたいと思っています。

 

広告を非表示にする