ポケットが虹でいっぱい

JIA(若年性特発性関節炎)の娘を持つ母のブログです。

娘のこと、私のこと

娘のこと

f:id:kotsubu_3:20160112131432p:plain

小さく産まれたので、ここではこつぶと呼ぶことにしました。

すくすく成長し、現在は82cm、10kg、1歳9ヶ月です。
 
1歳6ヶ月で若年性特発性関節炎(JIA)を発症するまで特に大きな病気をすることもなく、ごく普通に生活していました。最近は二語文も出始めて、なんとなく会話が成り立つこともあってとても面白いです。しかしイヤイヤ期に片足突っ込んでいる感じなので、オムツ替えイヤー!着替えイヤー!この服じゃないー!などのイヤイヤを発揮しています。外出先でもこちらの指示に従ってくれないことも多く、手を焼いているところです。
JIAの症状以外は元気で、歩くことや走ることが大好きな女の子です。
 
現在の症状は右膝の腫れと左足の薬指の腫れの二ヶ所ですが、右足の中指と薬指が腫れてはいないもののやや湾曲していて、これが生まれつきなのか病気を発症してからなのか微妙なところです。これまで特に気にしていなかったので、私も最近の変化なのか判断しかねています。
右膝は腫れてから熱を持っていましたが、現在は治療が始まって熱はなくなりました。腫れもピーク時に比べるとやや引いたように見えます。
 
 

私のこと

f:id:kotsubu_3:20160105135924p:plain

30代のごく普通の主婦です。27歳で関節リウマチを発症し、大学病院に通院して投薬治療を受けていました。結婚を機に別の病院に転院しましたが、妊娠出産を経て症状が軽くなり、現在は寛解状態です。冬場は起床時に指のこわばりが少し出たりもしますが、それもすぐにおさまるので通院はしていません。
 
私の身内には関節リウマチを持つ人は一人もおらず、環境的なもの(仕事のストレス)で発症したのかなーと自分では思っています。女の子を出産したので将来娘もリウマチを発症しやすい体質が遺伝するかもしれない…と思っていましたが、今回先生からは私の直接の遺伝は無いと思うと言われました。
 
 
次回は発症から診断がつくまでについて書こうと思います。
広告を非表示にする